Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後のエントリー、2006年に聴きまくったアルバム10枚です。

in_flames-come_clarity.jpg
01. IN FLAMES "Come Clarity"
今年はなんといってもこれに尽きます。これまでのキャリアをすべてのみ込んだ上でさらなるステップ・アップを遂げた、真にワールド・クラスのバンドへの仲間入りを果たした記念すべき1枚です。


02. MY CHEMICAL ROMANCE "The Black Parade"
前作までとは一転してポップな路線になりましたが、その歌メロとジェラルド・ウェイの堂々とした歌が耳を捉えて離しませんでした。"Welcome To The Black Parade"以外にもいい歌が揃ってますよ。


03. ANAAL NATHRAKH "Eschaton"
殆ど歌詞を聴きとれない断末魔の絶叫とひたすら速くてノイジーな音に顕れたダメ人間ぶりが最高。彼らの発狂はまだまだ終わりません。祝・日本デビュー。


04. TRIVIUM "The Crusade"
AVENGED SEVENFOLDBULLET FOR MY VALENTINEらとともに次世代メタルを象徴する存在としての姿は今作で決定的になりました。全編に溢れるメタル愛に痺れた。


05. SLAYER "Christ Illusion"
デイヴ・ロンバード健在。みんな歳をとろうとこれだけクレイジーなアルバムを作れることが素晴らしい。僕もこういう歳のとり方をしたいものです。


06. REBEL MEETS REBEL "Rebel Meets Rebel"
メタル界の至宝、ダイムバッグ・ダレルの眠っていたプレイをこうして世に出してくれたことに本当に感謝。


07. WETTON/DOWNES "Icon II - Rubicon"
近年のジョン・ウェットンの作品の中では最高の出来。オリジナルASIAの来日公演はチケットが取れず断念。悔しい。


08. MASTODON "Blood Mountain"
即効性も繰り返し聴き込みたくなる深みも両方備えた、メジャーに行っても何も変わらなかったことが嬉しい1枚。全世界的な好評も納得。

rjm.jpg
09. ROGER JOSEPH MANNING JR. "Solid State Warrior"
もう聴けないかと思っていたJELLYFISHのあの音を元メンバーが独りで作り上げたことは奇跡ですね。さらに今年はジェイソン・フォークナーと共にTV EYESでアルバムも出し、ポップ・マニアを狂喜させてくれました。


10. CELTIC FROST "Monotheist"
再結成からアルバム・リリースまで随分待たされましたが、その期待に応えるダーク極まりない音の連続にやられました。再結成の数少ない成功例。

(Honorable Mentions)
AN ALBATROSS "Blessphemy (Of The Peace-Beast Feastgiver and the Bear Warp Kumite)"
DECAPITATED "Organic Hallucinosis"
MARTYR "Feeding The Abscess"
SKINLESS "Trample The Weak, Hurdle The Dead"
SUFFOCATION "Suffocation"


今年はデス・メタルに良質なアルバムが多く、非常に満足した1年でした。来年もあくまで“ヘヴィで激しいロック”としてのヘヴィ・メタルと良質な歌メロのポップ・アルバムとの出会いに期待したいものです。それでは、今年1年本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
2006年私的年間ベスト、続いては楽曲編です。過去2年は順不同としましたが、今年は順位をつけることにしました。

054391561268_170.jpg
01. MY CHEMICAL ROMANCE "Welcome To The Black Parade"
この曲を語る際にしばしば用いられる「QUEENやデヴィッド・ボウイっぽい」というのは僕はさほど感じませんでしたが、今の若いファンにとって、それらの先人達のように長く語り継がれる曲になってほしいと思う、2006年を代表する必殺の1曲。

02. IN FLAMES "Come Clarity"
初めは"Dead End"が最も気に入っていたのですが、昨日のベスト・アーティストのところでも触れたように、LOUD PARKでこの曲を聴いて思わず目頭が熱くなり、その後聴きまくるようになりました。一連のメタルコア・バンドとの格の違いはここにある。ギター・ソロはシンプルながらも名演!

03. ANAAL NATHRAKH "Between Shit And Piss We Are Born"
タイトルはどうしようもありませんが、2006年という時点でのメタルの魅力を凝縮した1曲。激烈さを一切弱めることなくキャッチーさを取り込むことは可能であることを証明しました。

04. WETTON/DOWNES "To Catch A Thief"
サビメロがやけに耳に残って離れませんでしたが、歌メロ全体の流れも完璧。この曲でデュエットしているアネク・ヴァン・ガースバーゲンは今年NAPALM DEATHの新作にもゲスト参加していましたが、よく考えると凄いことですよね。

05. METAL CHURCH "Mirror Of Lies"
USパワー・メタルの老舗が今年放った会心の新作の中でも、このファスト・チューンは格別の聴き応えでした。歌が入る直前のリフが格好良すぎ。

06. STRAPPING YOUNG LAD "You Suck"
是非ともライヴで"Hell Yeah, You Fuckin' Suck!"と叫びたい、2006年最高のヘイト・ソング。

07. WOLFMOTHER "Woman"
今時よくこんなタイトルつけたなぁ、と思いながらも、シンプルなノリの良さと中盤のサイケデリックな展開に痺れました。シングルに入っていたライヴ・ヴァージョンも最高。

08. TRIVIUM "Ignition"
マシュー・キイチ・ヒーフィーのヴォーカルの魅力はやっぱりクリーン・ヴォイスだよなあ、と僕は思いますが、それが端的に顕れていたのがこの曲。曲自体も良いです。

09. DANKO JONES "Sticky Situation"
AC/DC直系のエネルギッシュなR&Rサウンドにパーカッシヴなヴォーカルというバンドの魅力を新作で最も体現していたのがこの曲です。なんといってもサビでしょう。

10. SKINLESS "Overload"
今年のブルータル・デスの中で最も聴いたのがこの曲です。頭からケツまで徹底して超重量級の圧殺サウンドにやられた。
ここしばらくの間多忙につき、なかなか更新がままならない状況が続いていますが、なんとか年間ベストは発表します。まずは各種部門編からです。次回にアルバム編と楽曲編を発表します。

000000000050947-1.jpg
BEST ARTIST : IN FLAMES
アルバムが良かったのは勿論ですが、LOUD PARK"Come Clarity"がプレイされた瞬間、僕の中で今年のベスト・アーティストはIN FLAMESに決定しました。本当に凄いバンドになったものです。

wm2.jpg
BEST NEW ARTIST : WOLFMOTHER
今年はこの人たちしかいないでしょう。僕が彼らのアルバムをご紹介したのは今年の1月ですが、その時にはここまで盛り上がることになるとは思ってもいませんでした。その切っ掛けがNMEというのはちょっと残念ですが。

BEST FRONTPERSON : Randy Blythe (LAMB OF GOD)
BEST GUITARIST : Jesper Stromblad (IN FLAMES)
BEST BASSIST : Shane Embury (NAPALM DEATH)
BEST DRUMMER : Brann Dailor (MASTODON)
BEST KEYBOARD PLAYER : Jordan Rudess (DREAM THEATER)

この5人のうちシェイン・エンバリー以外はライヴを観て感銘を受けた人達です。IN FLAMESではビョーン・イェロッテも半数近くソロを弾いていて良い働きをしていたので、彼も選びたい気分でしたが...。

14_r39141.jpg
HERO OF THE YEAR : Tom Araya (SLAYER)
たとえ歳とって仙人みたいな顔になろうと、自慢のヘッドバンギングに衰えが隠せなくなろうと、実はクリスチャンだろうと、そのシャウト一発で聴き手を唸らせる格好良さとカリスマ性は依然として健在だったということで...。画像はなるべく最近のものにしようと思ったので、こういうのしかなくてすみません。

BEST LIVE:
01. METALLICA @ SUMMER SONIC 06 (8/12)
02. LAMB OF GOD @ LOUD PARK 06 (10/15)
03. SLAYER @ LOUD PARK 06 (10/15)

今年はフェスティヴァルで沢山のバンドを観ることができたので、3本選ぶことにしましたが、その中でもMETALLICA参戦3回目にして初めての生"Battery"を、こういう環境で、こういう形で聴くことができた。その興奮と思い出をいつまでも忘れることはないだろうということで、ベスト・ライヴはサマソニのMETALLICAです。

free.jpg
BEST DVD:
01. FREE "Forever"
02. SENTENCED "Buried Alive"
03. METALLICA "The Videos 1989-2004"

DVD部門も今年は3本です。その中でも現存するほぼすべての映像を網羅した、FREEの格好良さを存分に味わえるこれは格別でした。SENTENCEDの“葬式”ライヴを完全収録したものを見ると、やはり来日しなかったのが本当に悔やまれます。


BEST REISSUE:
01. NASUM "Grind Finale"
02. BULLDOZER "Regenerated In The Grave"
03. ZEKE "Flat Tracker" / "Super Sound Racing"

再発部門も今年は3作選出。1位と2位は純粋には再発ものではありませんが、過去音源をまとめたものとして再発扱いとしました。アルバム未収録音源をすべて網羅したNASUMは何よりもタイトルが素晴らしいですね。2位のBULLDOZERは最近出たばかりの、全アルバムをリマスターしてまとめたボックス・セットです。リリース元のMetal Mindは同時にZNOWHITEATROPHYなどの80年代RoadrunnerのB級スラッシュの名作を一挙に再発、まさしくGood Job!でした。


BEST ALBUM COVER : REGURGITATE "Sickening Bliss"
今年も例によっていかにもメタルなものは避けましたが、その中でもこれはアイディアの勝利ですね。色使いが秀逸です。

BEST THING ABOUT 2006 : LOUD PARK 06開催
今年最も良かったことはこれを置いて他にありません。心ゆくまで暴れ、最後には気力も体力も使い果たしましたが、久々にクラウド・サーフまで敢行して本当に良い思い出になりました。継続開催に期待。

WORST THING ABOUT 2006 : BURRN!誌におけるLOUD PARKのTHE BLACK DAHLIA MURDERのライヴ・レポート
今年はワースト部門はアーティストとアルバムについては個人的に特に酷いと思ったものがなかったので、該当なしです。最も酷いと思ったことはB!誌1月号掲載のB.D.M.のライヴ・レポですね。そりゃ色んな感想があってもいいとは思いますが、いくらなんでもあれは日本唯一のメタル専門誌の編集者という立場の人間として書くべき文章じゃないだろ。

From About

Aboutというサイトのヘヴィ・メタル部門の担当者、チャド・バウワーという人が今年のベスト・アルバムTop20を発表しました。

01.MASTODON "Blood Mountain"
02.AMON AMARTH "With Oden On Our Side"
03.IRON MAIDEN "A Matter Of Life And Death"
04.CANNIBAL CORPSE "Kill"
05.EVERGREY "Monday Morning Apocalypse"
06.KILLSWITCH ENGAGE "As Daylight Dies"
07.LAMB OF GOD "Sacrament"
08.MERCENARY "The Hours That Remain"
09.CELTIC FROST "Monotheist"
10.VOIVOD "Katorz"
11.DEICIDE "The Stench Of Redemption"
12.GORGOROTH "Ad Majorem Sathanas Gloriam"
13.IN FLAMES "Come Clarity"
14.DEVIN TOWNSEND BAND "Synchestra"
15.NAPALM DEATH "Smear Campaign"
16.ALL THAT REMAINS "The Fall Of Ideals"
17.VADER "Impressions In Blood"
18.STRAPPING YOUNG LAD "The New Black"
19.INTRONAUT "Void"
20.ISIS "In The Absence Of Truth"


今日ポストしたKNACのベストもそうでしたが、MAIDENが安定した強さを見せています。やはり昨年のOZZFESTへの参加が確実に功を奏しているのでしょう。LAMB OF GODも強いですね。ここで1位を獲得したMASTODONが今後どれだけランキングにエントリーするかにも注目です。
さて、今年もいよいよ年間ベスト・アルバムが続々発表される時期になってきました。当ブログでご紹介する年間ベスト第1弾はKNAC.COMのスタッフ14名によるアルバム10選です。

Peter Atkinson, Northeast Correspondent

01.) Napalm Death Smear Campaign (Century Media)
02.) Satyricon Now, Diabolical (Century Media)
03.) Gojira From Mars to Sirius (Prosthetic)
04.) Cannibal Corpse Kill (Metal Blade)
05.) Deicide The Stench of Redemption (Earache)
06.) Unearth III – In The Eyes of Fire (Metal Blade)
07.) Enslaved Ruun (Candlelight USA)
08.) Dimmu Borgir Stormblast (Nuclear Blast)
09.) I Between Two Worlds (Nuclear Blast)
10.) Goatwhore A Haunted Curse (Metal Blade)

Tim Westergard, Las Vegas Correspondent

01.) Iron Maiden A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
02.) Dragonforce Inhuman Rampage (Roadrunner)
03.) Opeth Ghost Reveries (Roadrunner)
04.) Trivium The Crusade (Roadrunner)
05.) Bullet for My Valentine The Poison (Enhanced) (Trustkill)
06.) Tool 10,000 Days (Volcano)
07.) Napalm Death Smear Campaign (Century Media)
08.) Lamb Of God Sacrament (Sony/Epic)
09.) Strapping Young Lad The New Black (Century Media)
10.) Lacuna Coil Karmacode (Century Media)
10) Black Label Society Shot To Hell (Roadrunner)

Philthy Phil, 8-foot Tall Viking

01.) Devin Townsend Band Synchestra (Inside Out)
02.) Rebel Meets Rebel Rebel Meets Rebel (Big Vin)
03.) Lamb Of God Sacrament (Epic)
04.) Vanden Plas Christ 0 (Inside Out)
05.) Moonspell Memorial (SPV)
06.) Buckethead The Elephant Man's Alarm Clock (Bucketheadland)
07.) Shadows Fall Fallout From The War (Century Media)
08.) Evergrey Monday Morning Apocalypse (Inside Out)
09.) In Flames Come Clarity (Ferret)
10.) Into Eternity The Scattering of Ashes (Century Media)

Diana DeVille, Rock Goddess

01.) Krokus Hellraiser (AFM/Gadget)
02.) Warrant Born Again (Down Boys Records)
03.) Lynam Slave to the Machine (DRT Entertainment/Universal)
04.) Cheap Trick Rockford (Big 3)
05.) Winger IV (Shrapnel)
06.) Wednesday 13 Fang Bang (Rykodisc/Restless)
07.) Queensryche Operation Mindcrime II (Rhino/WEA)
08.) Iron Maiden A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
09.) Doro Warrior Soul (SPV)
10.) Skid Row Revolutions Per Minute (SPV)

Crpn Deth Phoenix Correspondent/Photographer

01.) Children of Bodom - Chaos Ridden Years: Stockholm Live (Universal Music)
02.) Arch Enemy - Live Apocalypse (Century Media)
03.) Lamb of God - Sacrament (Sony)
04.) Dragonforce - Inhuman Rampage (Roadrunnner Records)
05.) In Flames - Come Clarity (Ferret Records)
06.) Slayer - Christ Illusion (Warner Bros/WEA)
07.) Angra - Aurora Consurgens (Steamhammer Us)
08.) Iron Maiden - A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
09.) Killswitch Engage - As Daylight Dies (Roadrunner Records)
10.) Triplever - Beyond the Grave (Crash Music)

Crazy Craig, “Super Rock Sunday” Host

01.) Boris Pink (Southern Lord)
02.) Gojira From Mars to Sirius (Prosthetic)
03.) Killing Joke Hosanas from the Basement of H (Cooking Vinyl)
04.) Mastodon Blood Mountain (Reprise)
05.) Goatwhore A Haunted Curse (Metal Blade)
06.) Lair of the Minotaur The Ultimate Destroyer (Southern Lord)
07.) Intronaut Void (Goodfellow)
08.) The Abominable Iron Sloth The Abominable Iron Sloth (Goodfellow)
09.) Throttlerod Nail (Small Stone)
10.) Sasquatch II (Small Stone)

Deb Rao, Boston Correspondent

01.) Black Label Society Shot To Hell (Roadrunner Records)
02.) Rebel Meets Rebel Rebel Meets Rebel (Big Vin Records)
03.) Quiet Riot Rehab (Chavis Records)
04.) Shadows Fall Fallout From The War (Century Media)
05.) In Flames Come Clarity (Ferret)
06.) Dragonforce Inhuman Rampage (Roadunner Records)
07.) Vains Of Jenna Vains of Jenna (Filthy Note Records)
08.) Lacuna Coil Karmacode (Century Media)
09.) Stone Sour Come What(Ever) May (Roadrunner Records)
10.) Black Stone Cherry Black Stone Cherry (Roadrunner Records)

Junkman, On Air Personality/Off Air Refuse Collector

01.) Lamb Of God Sacrament (Sony/Epic)
02.) Tool 10,000 Days (Volcano)
03.) Leatherwolf World Asylum (Massacre)
04.) In Flames Come Clarity (Ferret)
05.) Shadows Fall Fallout From The War (Century Media)
06.) Iron Maiden A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
07.) Into Eternity The Scattering of Ashes (Century Media)
08.) Slayer Christ Illusion (Warner Bros/WEA)
09.) Queensryche Operation Mindcrime II (Rhino/WEA)
10.) Dragonforce Inhuman Rampage (Roadrunner)

Bullwhip, Air Personality

01.) Iron Maiden A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
02.) Tenacious D The Pick Of Destiny (Soundtrack) (Sony)
03.) Slayer Christ Illusion (Warner Bros./WEA)
04.) Queensrÿche Operation: Mindcimre II (Rhino/WEA)
05.) Metal Church A Light In The Dark (Steamhammer)
06.) Venom Metal Black (Sanctuary)
07.) Motörhead Kiss Of Death (Sanctuary)
08.) Rebel Meets Rebel Rebel Meets Rebel (Big Vin)
09.) Black Label Society Shot To Hell (Roadrunner)
10.) The Who Endless Wire (Republic)

Brian Davis, Writer

1) Tool 10,000 Days (Volcano)
2) Into Eternity The Scattering Of Ashes (Century Media)
3) Blind Guardian A Twist In The Myth (Nuclear Blast)
4) Scar Symmetry Pitch Black Progress (Nuclear Blast)
5) God Dethroned The Toxic Touch (Metal Blade)
6) Autumn's End Act Of Attrition (Hammermill)
7) Mastery Lethal Legacy(Corporate Punishment)
8) Dog Fashion Disco Adultery (Rotten Records)
9) Communic Waves Of Visual Decay (Nuclear Blast)
10) Kataklysm In The Arms Of Devastation (Nuclear Blast)

DJ Will Host of "The Vault"

01.) Venom Metal Black (Sanctuary)
02.) Metal Church A Light In The Dark (Spv)
03.) Bullet Heading For The Top (Black Lodge)
04.) Slayer Christ Illusion (Universal)
05.) BenedictumUncreation(Locomotive)
06.) Celtic Frost Monotheist (Century Media)
07.) Ministry Rio Grande Blood(13th Planet Records)
08.) Entombed When In Sodom / Serpent Saints(Threeman)
09.) Jorn Duke (AFM)
10.) Sodom Sodom (Spv)

Andrew Depedro, Ottawa Correspondent

01.) Iron Maiden A Matter Of Life And Death (Sanctuary)
02.) Into Eternity The Scattering Of Ashes (Century Media)
03.) Slayer Christ Illusion (Warner Bros./WEA)
04.) Celtic Frost Monotheist (Century Media)
05.) Queensryche Operation: Mindcimre II (Rhino/WEA)
06.) The Double Pumpers II (Indie)
07.) Slave To The System Slave To The system (Spitfire)
08.) Dragonforce Inhuman Rampage (Roadrunner)
09.) Kataklysm In The Arms Of Devastation (Nuclear Blast)
10.) Rebel Meets Rebel Rebel Meets Rebel (Big Vin Records)

Charlie Steffens, aka Gnarly Charlie, Staff Photographer/Writer

01.) Buckcherry 15 (Eleven Seven Records)
02.) The Haunted The Dead Eye (Century Media)
03.) Lamb of God Sacrament (Epic)
04.) Silent Civilian Rebirth of the Temple (Mediaskare)
05.) Army of Anyone Army of Anyone (Firm Music)
06.) Light This City Facing the Thousand (Prosthetic)
07.) Motorhead Kiss of Death (Sanctuary)
08.) All That RemainsThe Fall of Ideals (Prosthetic)
09.) I Between Two Worlds (Nuclear Blast)
10.) Celtic Frost Monotheist (Century Media)

Jeff Kerby, Resident Asshole

01.) Queensryche Operation Mindcrime II (Rhino/WEA)
02.) Mushroomhead Savior Sorrow (Megaforce)
03.) Hed PE Back 2 Base X (Suburban Noize)
04.) Tool 10,000 Days (Volcano)
05.) Ministry Rio Grande Blood (13th Planet Records)
06.) Buckcherry 15 (Eleven Seven Records)
07.) Cheap Trick Rockford (Big 3)
08.) Winger IV (Shrapnel)
09.) Streetwalkin' Cheetahs Resurrection (Triple X Records)
10.) Motorhead Kiss of Death (Sanctuary)


多種多様なセレクションが出揃った中、総じて高評価を獲得したのはLAMB OF GODIRON MAIDENSLAYERといったあたりですが、Crazy Craigという人が日本のBORISを1位にしたところに注目です。
From YAHOO! JAPAN

いつかはやってくるのではないかとは思っていましたが、ついにこの日がやってきました。あの凍死場EMIっていう会社が。

 [東京 14日 ロイター] 東芝<6502.T>は、保有する関連会社の東芝イーエムアイ株式をすべて、英音楽大手EMIグループまたはその傘下会社に売却すると発表した。譲渡価格は約210億円で、連結ベースで約130億円の売却益が発生する見込み。売却は2007年度(2008年3月期)上半期に完了する予定で、売却益は来期に計上されるため、2007年3月期業績への影響はないという。
 東芝は、音楽コンテンツ事業は現在では東芝グループの他の事業との関連性が薄いことを株式売却の理由として挙げた。そうした中で英EMIから全株式売却の提案があり同意したとしている。


「関連性が薄い」というのは確かにそうかもしれませんが、やっぱり売れ行き不振というのが最大の理由ではないかと。現在では親会社もCCCDは殆ど出していませんが、1~2年前にどれだけ凄まじく叩かれようともCCCDをやめることができなかったのがここまで尾を引いてしまったのかもしれません。
これで今後はEMI本社の完全子会社として存続することになるわけですが、こうなった以上は一時のQUEENのような日本独自の企画盤が激減することは間違いないでしょう。そして本社がトップ・プライオリティとしているアーティストが日本でも猛烈にプッシュされることになるでしょう。邦楽アーティストの扱いがどうなるのかということにも注目ですね。
robert_plant.jpg

From BLABBERMOUTH.NET

Hit Parader誌の2006年11月号で「歴代ヘヴィ・メタル・ヴォーカリストTop100」が発表されました。ネタ元のサイトとしては珍しく全リストを紹介していたので、ここでも転載します。

01. Robert Plant
02. Rob Halford
03. Steven Tyler
04. Chris Cornell
05. Bon Scott
06. Freddie Mercury
07. Bruce Dickinson
08. Ozzy Osbourne
09. Paul Rodgers
10. Ronnie James Dio
11. Axl Rose
12. Sammy Hagar
13. Geddy Lee
14. Geoff Tate
15. Mick Jagger
16. Jonathan Davis
17. Roger Daltrey
18. Paul Stanley
19. David Lee Roth
20. Kurt Cobain
21. Maynard James Keenan
22. Klaus Meine
23. Eddie Vedder
24. James Hetfield
25. Trent Reznor
26. Serj Tankian
27. Layne Staley
28. Steve Perry
29. Gene Simmons
30. Joe Elliott
31. Jon Bon Jovi
32. Alice Cooper
33. Vince Neil
34. Steve Marriott
35. Lajon Witherspoon
36. Sebastian Bach
37. Philip Anselmo
38. Zack De La Rocha
39. Brian Johnson
40. Bret Michaels
41. Udo Dirkschneider
42. David Draiman
43. Ian Gillian
44. Marilyn Manson
45. Jeff Keith
46. Chester Bennington
47. Sully Erna
48. Lemmy Kilmister
49. Aaron Lewis
50. Brett Scallions
51. Chino Moreno
52. Rob Zombie
53. Anthony Kiedis
54. David Coverdale
55. Gary Cherone
56. Andrew Wood
57. Scott Weiland
58. Tom Araya
59. Phil Lynnot
60. Rod Stewart
61. Scooter Ward
62. Ray Davies
63. Sonny Sandoval
64. David Bowie
65. Joan Jett
66. Josey Scott
67. Perry Farrell
68. Scott Stapp
69. Amy Lee
70. Don Dokken
71. Fred Durst
72. Mike Shinoda
73. Pepper Keenan
74. Dez Fafara
75. Gavin Rossdale
76. Blackie Lawless
77. Dave Wyndorf
78. Ann Wilson
79. Jimi Hendrix
80. Ville Valo
81. Peter Steele
82. Dave Williams
83. Dee Snider
84. Joe Lynn Turner
85. King Diamond
86. Corey Taylor
87. Jamey Jasta
88. Justin Hawkins
89. Dave Mustaine
90. Ian Astbury
91. Stephen Pearcy
92. Phil Mogg
93. Biff Byford
94. Cristina Scabbia
95. Dani Filth
96. Wes Scantlin
97. Tim "Ripper" Owens
98. Joshua Todd
99. Kevin Dubrow
100. Ray Gillen


単に歌の上手さだけではなく、存在感やカリスマ性なども加味したランク付けになっていることがわかりますが(でなければオジーが8位になんてなるわけないでしょう)、カート・コベインがこの位置にいることに怒り出しそうな人が多数出てきそうなことが容易に想像できますね。特にここ日本で。個人的にはラジョン・ウィザースプーン(SEVENDUST)が35位というのが嬉しかったりします。あと、フィル・アンセルモはもっと上でもいいだろ。
NB_1754.jpg

ハンガリーの4人組による通算7作目。かねてからそのあまりのSOULFLYクローンぶりが話題になっていたものの、僕は今まで聴いたことがなかったのですが、確かにこれは凄い。自ら謳う「スラッシュ・メタルとジプシー・ミュージックの融合」という側面はシタールやアコースティック・ギターを用いたアレンジに表れているものの、跳ねるリズムとシンプルなリフで押し捲るサウンド...これは誰がどう聴いてもSOULFLYでしょう。マックス・カヴァレラそっくりの咆哮や"I Choke""Ambush In The Night""I'm Against"といったSEPULTURAから引用したとしか思えない曲名もひっくるめて、SEPULTURASOULFLYからの影響が云々といった次元を遥かに超えています。

しかし、ダテにクローンを何作も続けているわけではないという開き直ったかのような姿勢が今作ではプラスに働いているのもまた事実であり、テュー・マドセンのプロデュースのおかげもあって今作の音には妙に説得力が備わっています。本家がどこかで必ず聞かせる回りくどい曲展開が無くストレートに突進し続けることもあって、あくまでも代用品としての質は極めて高く、今後オリジナリティを打ち出し始めたら“らしく”なくなってしまう...という矛盾した事態にまで到達してしまっており、そう思わせただけでも彼らの勝ちなのかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。