Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も最後のエントリーは年間ベスト・アルバムTop10です。選考基準は自分がどれだけ気に入ったか、どれだけ聴いたか、それだけです。レビューしてないアルバムが多かったのが心残りですが...。

mvbig.jpg
01. THE MARS VOLTA "The Bedlam In Goilath"
メロウかつムーディーに傾いて賛否を呼んだ前作と対を成すかのようなアッパーな曲の連発で、そのメリハリのなさがまた賛否を呼びましたが、個人的には彼らの作品の中で最もストレートに響いてきました。僕自身の今年の音楽指向をも動かしたほどのインパクトを与えてくれました。

cc2.jpg
02. CAVALERA CONSPIRACY "Inflikted"
今年最もクールなスラッシュを聴かせてくれた1枚。マーク・リゾがいなければこのアルバムは成立しなかったと思いますが、その反面SOULFLYが停滞してしまったのが残念。

metdm.jpg
03. METALLICA "Death Magnetic"
ある意味自身のキャリアを総括した1枚。今聴き返してみると何だかんだ言いつつも結局は独自の道を歩んでいるのがよくわかります。それが毎度の一部での猛バッシングにもつながっているわけですが。

asp.jpg
04. ALL SHALL PERISH "Awaken The Dreamers"
2008年のデスコア大賞ですが、デスコアの枠にとどまらないスケール感も獲得し、今後の方向性をも示唆した1枚。

btd.jpg
05. BLEEDING THROUGH "Declaration"
IN FLAMESCHILDREN OF BODOMBFMVTRIVIUM等の中堅どころが新作で軒並み停滞してしまった中で、それらを横目に一気にブッちぎってしまった1枚。日本発売はないの?

em.jpg
06. ELLIOT MINOR "Elliot Minor"
2008年の最優秀新人賞。今思うと今作のあまりに大仰なシンフォニックさ加減はある意味プログレ的と言えるかも...。果たして次作で今作のテンションは維持できるのか?

braindrill.jpg
07. BRAIN DRILL "Apocalyptic Feasting"
ブルータル・デスのテクニック重視傾向が頂点を極めたといえる1枚ですが、極め尽くしてしまったからかどうかは知りませんが早くもベースとドラムがチェンジ。果たして次作で今作のテンションは維持できるのか?

queen-rogers.jpg
08. QUEEN + PAUL RODGERS "The Cosmos Rocks"
あくまで往年のQUEENを意識せず、互いの共通点を上手く曲作りに生かしたことが良い結果を生んだ1枚。

asiaphoenix.jpg
09. ASIA "Phoenix"
往年のASIAサウンドを継承しつつ、それにリアリティを持たせた数少ない好例といえる1枚。

itbites.jpg
10. IT BITES "The Tall Ships"
プログレ不遇の時代に泣かされたバンドがその時のサウンドのまま、改めて今の時代に真価を問いただしに来た見事な復活作。

(Honorable mensions)
BENEATH THE MASSACRE "Dystopia"
CYNIC "Traced In Air"
DRAGONFORCE "Ultra Beatdown"
MESHUGGAH "obZen"
OPETH "Watershed"
THE RASMUS "Black Roses"
SEPTICFLESH "Communion"
THE SHOWDOWN "Back Breaker"
URIAH HEEP "Wake The Sleeper"
ZIMMERS HOLE "When You Were Shouting At The Devil..."


それでは、今年も1年本当にありがとうございました。2009年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
今年はこれまでの各種部門編をやめ、新たに再発部門を独立させました。今年は再発物に注目する機会が多かったからですが、ここではあくまでも「今年再発されたもの」のみをセレクトしました。そのため、それ以前に再発された作品の単なる紙ジャケ化や高音質CD化は外し、また単に再発しただけでなくボーナス曲などの付加価値をつけたもの、そしてそれまで入手が困難だったものを優先しました。

heartwork.jpg
01. CARCASS "Heartwork"
これは僕のオールタイム・フェイヴァリットの1枚です。CARCASSは今年再結成を記念して全オリジナル作がDVD付きで再発されましたが、全曲のデモ音源を収めたCDをつけたところに資料価値を見出しました。1stには伝説のデモ・テープが丸ごとボーナスで収められるようですが、こちらは1月に出る日本盤待ちです。

626.jpg
02. FREE "Fire And Water - Deluxe Edition"
これも僕のオールタイム・フェイヴァリットの1枚で、一旦発売が見送られて先日ようやく発売された紙ジャケ&SHM-CD盤です。大量に収められたボーナス曲には既発のトラックもありますが、それらも含めて今作の魅力をあらゆる角度から検証できる決定版。

rtf.jpg
03. RETURN TO FOREVER "The Anthology"
MAHAVISHNU ORCHESTRAと並んでプログレ方面に多大な影響を与えたフュージョン・バンドの再結成を記念してリリースされた、全盛期のアルバムからセレクトして全曲リマスター&リミックスしたコンピレーション。名盤の誉れ高い「Hymn Of The Seventh Galaxy」「Romantic Warrior」2作の全曲収録という太っ腹ぶりに痺れました。

queensingle.jpg
04. QUEEN "Singles Collection Vol.1"
先日発売されたばかりの、第4弾まで出る予定の復刻シングル・ボックス・セットの第1弾。コレクション価値もさることながら、これまでアメリカ盤でしか聴けなかったシングル・オンリー曲がリマスターで聴けるのが大きいです。例によって日本盤が高いのはどうにかしてほしいです。

bcb.jpg
05. PAUL KOSSOFF WITH BLACK CAT BONES "Paul's Blues"
ポール・コゾフは2位のFREEと同時発売されたソロ・アルバムのデラックス版もありましたが、やはり幻の音源のオフィシャル・リリースということでこちらを。コゾフとサイモン・カークがFREE以前に在籍していたブルース・ロック・バンドのコゾフ在籍時の音源をまとめたもので、音は劣悪ですがとにかくこの時代の音が遂に聴けるという一点に尽きます。

toad.jpg
06. TOAD "Toad"
スイスのHRバンドが'71年にリリースしたデビュー作の紙ジャケ盤。実はこの再発で初めて彼らの存在を知りましたが、70年代初頭のスイスでこれだけクールなHRをやっているバンドがいたことに驚きました。

G-Bond5th.jpg
07. GRAHAM BOND "Solid Bond"
60年代の英国ブルース/ジャズ・シーンの重要人物の一人で、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー、ジョン・マクラフリン、ジョン・ハイズマン、ディック・ヘクストール=スミスという錚々たるメンバーを擁していた時代の未発表トラックを集めた'70年リリース作。彼の下からCREAMCOLOSSEUMが生まれましたが、その原点を知る上で興味深い1枚です。

flash.jpg
08. FLASH "In The Can"
YESの初代ギタリストだったピーター・バンクスが結成したバンドが'72年にリリースした2作目の紙ジャケ盤。HR的な音像の中でテクニカルなギターが強いインパクトを残す1枚です。彼らが残した3枚のアルバムはどれもヒプノシスによるエロいジャケットで有名ですが、エロさは本作がダントツ。

spooky2.jpg
09. SPOOKY TOOTH "Spooky Two"
ここ日本ではJUDAS PRIESTが本作収録の"Better By You, Better Than Me"をカヴァーしたバンドというイメージのほうが強いバンドの'69年リリースの2作目の紙ジャケ&SHM-CD盤。BLACK SABBATHにも通じる(とはいってもリリースはこちらのほうがSABBATHの1stよりも先ですが)ギター・リフ主体のヘヴィなHRにサザン・ロックのテイストを加えた、カッコ良く、かつ味わい深く聴ける1枚です。

dhammer2.jpg
10. DEMOLITION HAMMER "Epidemic Of Violence"
全3作をまとめたアンソロジー盤も出ましたが、ここでは'91年リリースの2作目を単体でセレクト。時代の狭間にリリースされたために当時はあまり評価されませんでしたが、今聴くとその破壊力が今でも十分通用することを証明する1枚。ボーナスで収められたライヴの音は極悪。
さて、ここからは私的年間ベストを発表します。まずは楽曲編から。自分のiPodで聴いた回数を基準にしていますが、今年は順不同でアーティスト名のアルファベット順に並べました。なお、アルバム編から外したものを優先しています。

BLEEDING THROUGH "There Was A Flood"
食傷と言われて久しいノーマル・ヴォイスも入れ方次第でまだまだ強い印象を残せる。そんなお手本のような曲。

ELLIOT MINOR "Pararrel Worlds"
衝撃のデビュー作の音楽性を集約した、今後の自分達自身もこれに匹敵するものは作れないんじゃないかと心配してしまう曲。

GUNS N' ROSES "Catcher In The Rye"
あのアクセルが「ライ麦畑でつかまえて」かよ!と思ったものの、色々賛否のあったアルバムの中でも素直に自分の心に入ってきた曲。

THE MARS VOLTA "Aberinkula"
後半部のラテン・パートがイタリアのAREAを元ネタにしているのがモロバレだろうと、圧巻のドラミングとダイナミックな展開でアルバムの導入としての役割を見事に果たした曲。

MESHUGGAH "Bleed"
ひたすら刻みまくるリフと変幻自在のドラムの絡みで自身のリズム・パターンに新境地を開いた曲。ライヴで演ってくれてよかったです。

METALLICA "My Apocalypse"
新作の中でも最も原点回帰の色合いを感じさせた曲。ギター・ソロ前のシャウト以降の展開に1stに通じる熱さを感じました。

QUEEN + PAUL RODGERS "Small"
アルバムの中で最も肩の力が抜けていた曲。だからこそ聴く側にも素直に入ってきます。

THE RASMUS "Livin' In A World Without You (Acoustic Ver.)"
やっぱり僕はこっちのヴァージョンで...。歌メロ、アレンジ、ヴォーカルが完璧に調和した、掛け値なしに泣ける1曲。

SLIPKNOT "All Hope Is Gone"
いきなりのブラスト猛攻に逆の意味で驚かされたものの、やっぱり新作では最初に公開しないほうが良かった気がする曲。

URIAH HEEP "Tears Of The World"
ワウ・ギターとハモンド・オルガンが今の時代においても十分有効であることを示した1曲。
2008年の私的トピック、最後は日本だけで話題となったネタです。
徳永英明の「VOCALIST」シリーズの大ヒット以降、クリエイティヴィティの放棄だなんだかんだ言われようとも、臆面もなく2匹目のドジョウを狙う邦楽カヴァー・アルバムが乱発しましたが、その波は遂に洋楽ロック・アーティストにも波及。日本を中心に活動する人達に日本のヒット曲をカヴァーさせる企画が相次ぎました。ここでは3枚挙げましたが、そのどれもが一発ネタで終わるのかと思いきや、意外に“聴ける”作りに仕上がっていたのが印象的でした。

awk.jpg ANDREW W.K. "The Japan Covers"
着うたで週1ペースという無茶なスパンで発表していた曲をアルバムにまとめたもの。“キセキ”のようにいかにもアンドリューらしい暴走アレンジに改造されたものからほぼオリジナルに忠実なカヴァーまでヴァラエティに富んでいますが、大半の曲でギターがしっかりメタリックに刻まれているのが意外に格好良い。元の日本語詞のニュアンスを損なうことなく英訳した歌詞も秀逸ですが、これをホントにアンドリューが独りでやったのであればちょっと凄い。これを自身の活動にフィードバックしてくれることを切に願います。ちなみに“リンダリンダ”の歌いだしが何となくマリリン・マンソンっぽい。

emartin.jpg ERIC MARTIN "Mr. Vocalist"
まさに狙うはアメリカ版徳永英明。タイトルも選曲ももうそのまんま。でも今、こういう企画にハマるのはこの人しかいないんだよなあ。あまりに完璧にハマり過ぎていて恐ろしい。既に第2弾の発売も決まっているそうです。MR.BIGの再結成はないでしょう。

smurphy.jpg SCOTT MURPHY "Guilty Pleasures 3"
SNUFFが先鞭をつけた“日本語のままパンク・カヴァー”という手法を臆面もなくパクった人の邦楽カヴァー第3弾。やはり今年出した前作が日本のワイドショーでも取り上げられたせいか、今作では“LOVEマシーン”に本家のOG3人がゲスト参加。でも時節柄"WOW WAR TONIGHT"をカヴァーするのはまずかったのでは...。録音していた時には“事件”は起こっていなかったとはいえ。一応浜田雅功公認らしいですが。個人的にはいつかこの曲のデジタル・ハードコア・カヴァーを聴きたい。
個人的に2008年の最重要キー・ワードとして挙げておきたいのが“プログレ”です。今年の頭に出たTHE MARS VOLTAに打ちのめされて以降、僕はこの1年演奏重視の音楽に傾倒した感もあります。そんな中で昨年のBETWEEN THE BURIED AND ME以降、CYNICIT BITESなどの復活組も含め、紋切型のDREAM THEATERタイプに依存することなく、過去にプログレの傘の下で語られていた音楽性をあくまで自分たちのやり方で取り込んできたバンド達が今年相次いで新譜をリリースしたのが感慨深いものがありました。ここに挙げた5作品は音楽的には全く共通項は無いものの、すべてプログレというタームで語ることができる。この多様さこそ、70年代前半のプログレ全盛期に共通するものを感じることができるのではないでしょうか。

(2008年プログ・ロック/メタル重要作品)
cynictia.jpg CYNIC "Traced In Air"
itbites.jpg IT BITES "The Tall Ships"
mvbig.jpg THE MARS VOLTA "The Bedlam In Goliath"
meshuggah.jpg MESHUGGAH "ObZen"
opeth.jpg OPETH "Watershed"
数年前から復興の気配を見せていたスラッシュ・リヴァイヴァルですが、今年遂に爆発した感がありました。今回セレクトした作品数はあと2つ用意しているトピックも含めて最多の15枚。局地的とはいえ、いかに盛り上がったかが分かるのではないでしょうか。DEATHROWDEMOLITION HAMMERに代表される幻の名盤再発もさらに進み、“あの時代”を知らない若いファンがスラッシュ・メタルというジャンルを掘り下げるには2008年は恰好の1年だったといえるのではないでしょうか。自身の流儀を現代的にアップデートさせたヴェテラン組に対し、新世代組はモダン指向と徹底的なオールドスクール指向と両極端に分かれたのが興味深いところです。ヴェテラン組にVENOMが入っていればよかったのですが、新作にはあまりスラッシュを感じず、曲も今一つだったので見送りました。一方の新世代組ですが、そろそろエド・レプカをジャケットに起用するのは食傷気味の感が(今回挙げた中には2枚しかありませんが)...。

2009年には間もなく新作を出すKREATORSEPULTURAをはじめ、SLAYERMEGADETHFORBIDDENVOIVODらが新作リリース予定。まだまだ楽しみは続きそうです。

(ヴェテラン組の新作スラッシュ・メタル・アルバム)
cc2.jpg CAVALERA CONSPIRACY "Inflikted"
deathangel.jpg DEATH ANGEL "Killing Season"
devolution.jpg DESTRUCTION "D.E.V.O.L.U.T.I.O.N."
exodusltbb.jpg EXODUS "Let There Be Blood"
laaz.jpg LAAZ ROCKIT "Left For Dead"
tankard.jpg TANKARD "Thirst"
testament.jpg TESTAMENT "The Formation Of Damnation"

(新世代&中堅スラッシャーの2008年リリース・アルバム)
bbb.jpg BONDED BY BLOOD "Feed The Beast"
gamabomb.jpg GAMA BOMB "Citizen Brain"
guillotine.jpg GUILLOTINE "Blood Money"
hatchet.jpg HATCHET "Awaiting Evil"
hexen.jpg HEXEN "State Of Insurgency"
md2.jpg MERCILESS DEATH "Realm Of Terror"
sss2.jpg SSS "The Dividing Line"
tholocaust.jpg TOXIC HOLOCAUST "An Overdose Of Death"

2008年も残りあと1週間です。これから大晦日まで、2008年の個人的なトピックをアルバム・コレクションで振り返ってみます。

HR/HMの復興が決定的となった今年、ビッグ・ネーム・アーティスト達がこぞって新譜をリリースしたのがまずは一番の話題といえるでしょう。そこにダメ押しの決定打を放ったのはやはり、もうリリースされないのではないかと思っていたGN'Rが本当に新作を出してしまったことでしょう。これは例のドクターペッパー騒動に反発する形で「そんなら出してやろうじゃないか」ということだと思います。個人的には思いっきり壮大にして大風呂敷広げる作りを期待していましたが、作ってる間に時代が一回りしてやけに“普通”になったことに肩すかしを食らいました。AC/DCはやっぱりいつものAC/DCでしたが、日本のレコード会社が変わって旧作の一挙紙ジャケ再発など、プロモーションに懸ける気合いは大きく変わりました。しかし新作は邦題にあまりセンスが感じられず、そこだけ空回りしてしまった感も。来日に大期待。ASIAWETTON/DOWNESの2作を経たからこそ上手く復活に持って行けたといったところで、誰にも文句を言わせることなく、ASIAという名前に期待するものにきっちりと答えを出した、そんな作品でした。PRIESTは前作の一部で感じた同時代性の放棄をさらに推し進め、完全にクラシック・ロックとして生きる道を選んだ、という印象です。初期からフォローしているファンには味わい深い作品となるでしょうが、"Painkiller"あたりから入ったファンには厳しいかも...。URIAH HEEPはここに挙げた中では日本でのネーム・ヴァリューは落ちますが、70年代から活動を続けるレジェンドのひとつ、ということで。BURRN!にレビューが載らなかったのは未だもって謎ですが、10年ぶりだろうと未だ現役と呼ぶに相応しい快作でした。WHITESNAKEにも現役感は感じましたが、カヴァーデイルがライヴで歌えてなかったのがとにもかくにも残念。

(2008年ビッグ・ネーム達の新作アルバム)
acdcblack.jpg AC/DC "Black Ice"
asiaphoenix.jpg ASIA "Phoenix"
lepssftsl.jpg DEF LEPPARD "Songs From The Sparkle Lounge"
gnrcd.jpg GUNS N' ROSES "Chinese Democracy"
jpnos.jpg JUDAS PRIEST "Nostradamus"
metdm.jpg METALLICA "Death Magnetic"
motleysola.jpg MOTLEY CRUE "Saints Of Los Angeles"
motorizer.jpg MOTORHEAD "Motorizer"
queen-rogers.jpg QUEEN + PAUL RODGERS "The Cosmos Rocks"
heep.jpg URIAH HEEP "Wake The Sleeper"
wsgtbb.jpg WHITESNAKE "Good To Be Bad"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。