Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GUNS N' ROSESがトリの2002年、METALLICAがトリの2006年に続いて3度目となる「SUMMER SONIC」参戦です。今年は観たいバンドがすべて"MOUNTAIN STAGE"に固まっていたため、ずっと幕張メッセに張り付いていました。なんとなくスティーヴィー・ワンダーのステージの盛り上がりも見てみたいという興味はありましたが、やはりDREAM THEATERを観たいという思いが勝りました。僕が到着した時には既にトップバッターのTHE DEVIL WEARS PRADAが最後の曲をプレイしており、それを遠目から見た後にグッズ購入と昼食を済ませ、最初の目当てとなるBIGELFに臨みました。

BIGELF
ステージ中央に目玉のキーボード・セットが組まれて期待感が高まる中、客電が落ちる前に何気なくデーモン・フォックスが現われてBIGELFのライヴがスタート。BLACK SABBATHDEEP PURPLEURIAH HEEPATOMIC ROOSTERといった70年代ブリティッシュHRにドップリ漬かったサウンドは正直サマソニという舞台には似つかわしくなく、どちらかというとクラブ規模のハコで観るとより楽しめそうな感じはしましたが、オールド・ファンを唸らせそうな確かな力量とデーモン・フォックスのカリスマ性は実感できました。

COHEED AND CAMBRIA
エモの域を超えてすっかり新世代プログ・ロックとしての評価が定着した感のあるCOHEEDですが、フェスティヴァルで持ち時間が限られていたことも影響してか、ライヴでは意外なほどにエモ色の強い曲を固めてきた印象がありました。個人的にはこのままではキツいかなと思いましたが、ラスト2曲で一気にプログ方面にシフトしたスケールの大きな展開に持ち込み、一気に引きずり込まれました。全編この流れで行ってくれたらよかったのに、とは思いましたが、これだけでも彼らを観た価値はありました。

MICHAEL MONROE
ジンジャー(THE WILDHEARTS)がメンツに加わっていたこともあり、アリーナにはTHE WILDHEARTSのTシャツを着ていたファンも多かったマイケル・モンローのライヴですが、当然ながら主役はやはりモンローでした。とにかく本当に良く動く。アンプによじ登り、何かあるたびにアリーナに飛び込み、そのハイ・テンションぶりに最後まで圧倒されまくり。勿論HANOI ROCKSの曲もプレイして熱狂に拍車を掛けることも忘れず。彼らの時からステージ両側のスクリーンにアリーナのオーディエンスを映すようになりましたが(言い換えればCOHEEDより前のバンドにはスクリーンに映せるほどの数の客がいなかったということになるわけですが)、それも思わず納得のグレイトなロックンロール・ショウでした。この後、再び食事とビールで臨戦態勢を整え、いよいよ目玉のスラッシュとDREAM THEATERに備えることに。しかしこんな暑い時に飲むコロナはノド越しがよくて格別。
[SUMMER SONIC 2010@幕張メッセ(8/8)]の続きを読む
スポンサーサイト
今年最後のエントリー、2006年に聴きまくったアルバム10枚です。

in_flames-come_clarity.jpg
01. IN FLAMES "Come Clarity"
今年はなんといってもこれに尽きます。これまでのキャリアをすべてのみ込んだ上でさらなるステップ・アップを遂げた、真にワールド・クラスのバンドへの仲間入りを果たした記念すべき1枚です。


02. MY CHEMICAL ROMANCE "The Black Parade"
前作までとは一転してポップな路線になりましたが、その歌メロとジェラルド・ウェイの堂々とした歌が耳を捉えて離しませんでした。"Welcome To The Black Parade"以外にもいい歌が揃ってますよ。


03. ANAAL NATHRAKH "Eschaton"
殆ど歌詞を聴きとれない断末魔の絶叫とひたすら速くてノイジーな音に顕れたダメ人間ぶりが最高。彼らの発狂はまだまだ終わりません。祝・日本デビュー。


04. TRIVIUM "The Crusade"
AVENGED SEVENFOLDBULLET FOR MY VALENTINEらとともに次世代メタルを象徴する存在としての姿は今作で決定的になりました。全編に溢れるメタル愛に痺れた。


05. SLAYER "Christ Illusion"
デイヴ・ロンバード健在。みんな歳をとろうとこれだけクレイジーなアルバムを作れることが素晴らしい。僕もこういう歳のとり方をしたいものです。


06. REBEL MEETS REBEL "Rebel Meets Rebel"
メタル界の至宝、ダイムバッグ・ダレルの眠っていたプレイをこうして世に出してくれたことに本当に感謝。


07. WETTON/DOWNES "Icon II - Rubicon"
近年のジョン・ウェットンの作品の中では最高の出来。オリジナルASIAの来日公演はチケットが取れず断念。悔しい。


08. MASTODON "Blood Mountain"
即効性も繰り返し聴き込みたくなる深みも両方備えた、メジャーに行っても何も変わらなかったことが嬉しい1枚。全世界的な好評も納得。

rjm.jpg
09. ROGER JOSEPH MANNING JR. "Solid State Warrior"
もう聴けないかと思っていたJELLYFISHのあの音を元メンバーが独りで作り上げたことは奇跡ですね。さらに今年はジェイソン・フォークナーと共にTV EYESでアルバムも出し、ポップ・マニアを狂喜させてくれました。


10. CELTIC FROST "Monotheist"
再結成からアルバム・リリースまで随分待たされましたが、その期待に応えるダーク極まりない音の連続にやられました。再結成の数少ない成功例。

(Honorable Mentions)
AN ALBATROSS "Blessphemy (Of The Peace-Beast Feastgiver and the Bear Warp Kumite)"
DECAPITATED "Organic Hallucinosis"
MARTYR "Feeding The Abscess"
SKINLESS "Trample The Weak, Hurdle The Dead"
SUFFOCATION "Suffocation"


今年はデス・メタルに良質なアルバムが多く、非常に満足した1年でした。来年もあくまで“ヘヴィで激しいロック”としてのヘヴィ・メタルと良質な歌メロのポップ・アルバムとの出会いに期待したいものです。それでは、今年1年本当にありがとうございました。
2006年私的年間ベスト、続いては楽曲編です。過去2年は順不同としましたが、今年は順位をつけることにしました。

054391561268_170.jpg
01. MY CHEMICAL ROMANCE "Welcome To The Black Parade"
この曲を語る際にしばしば用いられる「QUEENやデヴィッド・ボウイっぽい」というのは僕はさほど感じませんでしたが、今の若いファンにとって、それらの先人達のように長く語り継がれる曲になってほしいと思う、2006年を代表する必殺の1曲。

02. IN FLAMES "Come Clarity"
初めは"Dead End"が最も気に入っていたのですが、昨日のベスト・アーティストのところでも触れたように、LOUD PARKでこの曲を聴いて思わず目頭が熱くなり、その後聴きまくるようになりました。一連のメタルコア・バンドとの格の違いはここにある。ギター・ソロはシンプルながらも名演!

03. ANAAL NATHRAKH "Between Shit And Piss We Are Born"
タイトルはどうしようもありませんが、2006年という時点でのメタルの魅力を凝縮した1曲。激烈さを一切弱めることなくキャッチーさを取り込むことは可能であることを証明しました。

04. WETTON/DOWNES "To Catch A Thief"
サビメロがやけに耳に残って離れませんでしたが、歌メロ全体の流れも完璧。この曲でデュエットしているアネク・ヴァン・ガースバーゲンは今年NAPALM DEATHの新作にもゲスト参加していましたが、よく考えると凄いことですよね。

05. METAL CHURCH "Mirror Of Lies"
USパワー・メタルの老舗が今年放った会心の新作の中でも、このファスト・チューンは格別の聴き応えでした。歌が入る直前のリフが格好良すぎ。

06. STRAPPING YOUNG LAD "You Suck"
是非ともライヴで"Hell Yeah, You Fuckin' Suck!"と叫びたい、2006年最高のヘイト・ソング。

07. WOLFMOTHER "Woman"
今時よくこんなタイトルつけたなぁ、と思いながらも、シンプルなノリの良さと中盤のサイケデリックな展開に痺れました。シングルに入っていたライヴ・ヴァージョンも最高。

08. TRIVIUM "Ignition"
マシュー・キイチ・ヒーフィーのヴォーカルの魅力はやっぱりクリーン・ヴォイスだよなあ、と僕は思いますが、それが端的に顕れていたのがこの曲。曲自体も良いです。

09. DANKO JONES "Sticky Situation"
AC/DC直系のエネルギッシュなR&Rサウンドにパーカッシヴなヴォーカルというバンドの魅力を新作で最も体現していたのがこの曲です。なんといってもサビでしょう。

10. SKINLESS "Overload"
今年のブルータル・デスの中で最も聴いたのがこの曲です。頭からケツまで徹底して超重量級の圧殺サウンドにやられた。
ここしばらくの間多忙につき、なかなか更新がままならない状況が続いていますが、なんとか年間ベストは発表します。まずは各種部門編からです。次回にアルバム編と楽曲編を発表します。

000000000050947-1.jpg
BEST ARTIST : IN FLAMES
アルバムが良かったのは勿論ですが、LOUD PARK"Come Clarity"がプレイされた瞬間、僕の中で今年のベスト・アーティストはIN FLAMESに決定しました。本当に凄いバンドになったものです。

wm2.jpg
BEST NEW ARTIST : WOLFMOTHER
今年はこの人たちしかいないでしょう。僕が彼らのアルバムをご紹介したのは今年の1月ですが、その時にはここまで盛り上がることになるとは思ってもいませんでした。その切っ掛けがNMEというのはちょっと残念ですが。

BEST FRONTPERSON : Randy Blythe (LAMB OF GOD)
BEST GUITARIST : Jesper Stromblad (IN FLAMES)
BEST BASSIST : Shane Embury (NAPALM DEATH)
BEST DRUMMER : Brann Dailor (MASTODON)
BEST KEYBOARD PLAYER : Jordan Rudess (DREAM THEATER)

この5人のうちシェイン・エンバリー以外はライヴを観て感銘を受けた人達です。IN FLAMESではビョーン・イェロッテも半数近くソロを弾いていて良い働きをしていたので、彼も選びたい気分でしたが...。

14_r39141.jpg
HERO OF THE YEAR : Tom Araya (SLAYER)
たとえ歳とって仙人みたいな顔になろうと、自慢のヘッドバンギングに衰えが隠せなくなろうと、実はクリスチャンだろうと、そのシャウト一発で聴き手を唸らせる格好良さとカリスマ性は依然として健在だったということで...。画像はなるべく最近のものにしようと思ったので、こういうのしかなくてすみません。

BEST LIVE:
01. METALLICA @ SUMMER SONIC 06 (8/12)
02. LAMB OF GOD @ LOUD PARK 06 (10/15)
03. SLAYER @ LOUD PARK 06 (10/15)

今年はフェスティヴァルで沢山のバンドを観ることができたので、3本選ぶことにしましたが、その中でもMETALLICA参戦3回目にして初めての生"Battery"を、こういう環境で、こういう形で聴くことができた。その興奮と思い出をいつまでも忘れることはないだろうということで、ベスト・ライヴはサマソニのMETALLICAです。

free.jpg
BEST DVD:
01. FREE "Forever"
02. SENTENCED "Buried Alive"
03. METALLICA "The Videos 1989-2004"

DVD部門も今年は3本です。その中でも現存するほぼすべての映像を網羅した、FREEの格好良さを存分に味わえるこれは格別でした。SENTENCEDの“葬式”ライヴを完全収録したものを見ると、やはり来日しなかったのが本当に悔やまれます。


BEST REISSUE:
01. NASUM "Grind Finale"
02. BULLDOZER "Regenerated In The Grave"
03. ZEKE "Flat Tracker" / "Super Sound Racing"

再発部門も今年は3作選出。1位と2位は純粋には再発ものではありませんが、過去音源をまとめたものとして再発扱いとしました。アルバム未収録音源をすべて網羅したNASUMは何よりもタイトルが素晴らしいですね。2位のBULLDOZERは最近出たばかりの、全アルバムをリマスターしてまとめたボックス・セットです。リリース元のMetal Mindは同時にZNOWHITEATROPHYなどの80年代RoadrunnerのB級スラッシュの名作を一挙に再発、まさしくGood Job!でした。


BEST ALBUM COVER : REGURGITATE "Sickening Bliss"
今年も例によっていかにもメタルなものは避けましたが、その中でもこれはアイディアの勝利ですね。色使いが秀逸です。

BEST THING ABOUT 2006 : LOUD PARK 06開催
今年最も良かったことはこれを置いて他にありません。心ゆくまで暴れ、最後には気力も体力も使い果たしましたが、久々にクラウド・サーフまで敢行して本当に良い思い出になりました。継続開催に期待。

WORST THING ABOUT 2006 : BURRN!誌におけるLOUD PARKのTHE BLACK DAHLIA MURDERのライヴ・レポート
今年はワースト部門はアーティストとアルバムについては個人的に特に酷いと思ったものがなかったので、該当なしです。最も酷いと思ったことはB!誌1月号掲載のB.D.M.のライヴ・レポですね。そりゃ色んな感想があってもいいとは思いますが、いくらなんでもあれは日本唯一のメタル専門誌の編集者という立場の人間として書くべき文章じゃないだろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。