Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、いよいよ本年最後のエントリーとなります。2005年総括の最後として、今年特によく聴いたアルバム10枚を発表します。

Sentenced20-20The20Funeral20Album.jpg
1.SENTENCED – THE FUNERAL ALBUM
個人的にも10年近く追い続けた思い入れの強いバンドであり、そのバンドが“遺言”としてこれだけの素晴らしいアルバムを届けてくれたことに本当に感謝。

dh1.jpg
2.DARKEST HOUR – UNDOING RUIN
今年最大の大穴。暴力性と美しさの奇跡的な融合をアメリカの、ハードコア上がりのこのバンドが成し遂げるとは思ってもみませんでした。

soad4.jpg
soad6.jpg
3.SYSTEM OF A DOWN – MEZMERIZE/HYPNOTIZE
2005年を象徴するアルバム。2枚で1つの作品ということでこういう扱いとしましたが、ちゃんと2枚分のカウントとしています。

nba.jpg
4.NINE BLACK ALPS – EVERYTHING IS
2005年の新星が放ったリアル・ロック・アルバム。ハードなロック・チューンのみならず繊細なアコースティック・ナンバーも聴きどころ。

sf
5.SOULFLY – DARK AGES
前作のメタル回帰をさらに推し進め、マックス・カヴァレラのキャリアの集大成というべき内容でありながらも、それだけにとどまらない凄まじい怒りを放出した会心の1枚。

mae1.jpg
6.MAE – THE EVERGLOW
エモの枠に収まらないスケール感が見事な1枚。

the_hellacopters_rock__roll_is_dead.jpg
7.THE HELLACOPTERS – ROCK AND ROLL IS DEAD.
自嘲ともいえるこのタイトル、まさに今年のロック・シーンを的確に表していました。これでもまだ来日できないのか...。

rasmus
8.THE RASMUS – HIDE FROM THE SUN
溢れんばかりのドラマの洪水というべき泣きメロの応酬が圧巻。

apocalyptica.jpg
9.APOCALYPTICA – APOCALYPTICA
歌入りの曲を取り入れ、バンドの可能性をさらに押し広げた力作。

ランキングは9位までしかありませんが、S.O.A.D.を2枚という扱いにしたためです。
今年は例年になく良質なアルバムが数多く出たという印象があり、10枚に絞りきるというのは大変な作業でした。その中で惜しくも10枚から漏れてしまったものとしては、

1349 – HELLFIRE
BIOMECHANICAL – THE EMPIRE OF THE WORLDS
BETWEEN THE BURIED AND ME - ALASKA
BLOODSIMPLE – A CRUEL WORLD
CRYPTOPSY – ONCE WAS NOT
DARK TRANQUILLITY – CHARACTER
DARKANE – LAYERS OF LIES
DISTURBED – TEN THOUSAND FISTS
DRAGONFORCE – INHUMAN RAMPAGE
DREAM THEATER – OCTAVARIUM
EXODUS – SHOVEL HEADED KILL MACHINE
JUDAS PRIEST – ANGEL OF RETRIBUTION
KORN – SEE YOU ON THE OTHER SIDE
NILE – ANNIHILATION OF THE WICKED
NOCTURNAL RITES – GRAND ILLUSION
ORIGIN – ECHOES OF DECIMATION
SCAR SYMMETRY – SYMMETRIC IN DESIGN


と沢山ありました。来年も今年ぐらい良いアルバムが出るといいですね。それでは、今年1年本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
いよいよ2005年総括もあと2回。本日はベスト・ソング部門10曲を発表します。昨年はベスト・アルバム部門から外した作品からの曲を中心に選びましたが、さて今回はどうでしょうか。今回も昨年同様、順不同でアーティスト名のアルファベット順にご紹介します。シングル・リリースされたものはジャケ写も載せました。

apocalyptica4.jpg
APOCALYPTICA FEAT. LAURI YLONEN – Life Burns!
BLOODSIMPLE – What If I Lost It
DARKEST HOUR – With A Thousand Words To Say But One
DISTURBED – Ten Thousand Fists
MAE – Someone Else's Arms
NINE BLACK ALPS – Get Your Guns
NOCTURNAL RITES – Still Alive

rasmus9.jpg
THE RASMUS – Sail Away
SCAR SYMMETRY – Chaosweaver
SENTENCED – Vengeance Is Mine


こうして並べてみると、アルバムの1曲目が10曲中5曲を占めていることに気づきますが、やはりオープニング・ナンバーがアルバムの印象を決定づける上で重要であることを再確認しました。BLOODSIMPLEは元VISION OF DISORDERのティム・ウィリアムズ(Vo)のニュー・バンドですが、リアルなヘヴィ・グルーヴとウィリアムズの咆哮と繊細な歌唱が完璧なコンビネーションを見せていました。N.B.A.はイントロのギターからドラムが入ってくる瞬間のカタルシスがすべて。NOCTURNAL~は80年代ロボット・アニメの主題歌さながらの高揚感溢れるサビを実力者ならではの手腕で実にエキサイティングに聴かせてくれました。SCAR SYMMETRYは重低音デス・ヴォイスとジョン・ウェットンさえも彷彿させる透明感溢れるクリア・ヴォイスのコントラストを最大限に活かしきりました。

明日、大晦日はいよいよベスト・アルバム10枚の発表です。
いよいよ2005年も残りあと4日。これまで個人的に興味を持った2005年のトピックをまとめてきましたが、これからは私的年間ベストを3回に分けて発表することにします。まずは各部門編からですが、年内にベスト・ソング、ベスト・アルバムの順に発表します。

soad2005a_200x200.jpg
BEST ARTIST : SYSTEM OF A DOWN
これはもう言わずもがなでしょう。ロック界の多大な期待に応えるアルバムを1年に2枚リリースし、両方とも全米1位に送り込んだ大活躍は文句なくベスト・アーティストに値します。

nbagroup.jpg
BEST NEW ARTIST : NINE BLACK ALPS
久々にロック本来の生々しい衝動性を実感させてくれたUKからの新星。現在のトレンドにフィットしない音楽性ゆえに本国でも日本でも苦戦していますが、普遍性は彼らのほうが断然上。ちなみに次点はTOKYO DRAGONSです。

BEST FRONTPERSON : Paul Rodgers
QUEEN + PAUL RODGERS公演での、依然衰えを知らない圧倒的な巧さに感動。"Bohemian Rhapsody"のラストでの絶唱に鳥肌。

BEST GUITARIST : Marc Rizzo / SOULFLY
若手ラウド/ヘヴィ系ギタリストの中にもこれだけ巧い人物がいたことを知らしめた貴重な存在。ILL NINO脱退後の彼を起用したマックス・カヴァレラの眼力もまた見事。

BEST BASSIST : 該当者なし

BEST DRUMMER : Flo Mounier / CRYPTOPSY
デス・メタル界で彼並みに速いブラストを叩くドラマーがいくら現れようとも、圧倒的なセンスとテクニックで他の追随を許さない孤高の存在。

BEST KEYBOARD PLAYER : 該当者なし

villenoel.jpg
HERO OF THE YEAR : Ville Valo / HIM
今年目立った活躍を見せたヒーローがそれほどいなかった中、遂に日本デビューを果たし、久々にロック・スターとしての存在感を誇示した彼こそ今年ヒーローと呼ぶに相応しいでしょう。

queen_paul_rodgers__185990g.jpg
BEST LIVE : QUEEN + PAUL RODGERS@横浜アリーナ(10/29)
今年観たライヴはこの他にJUDAS PRIESTTHRASH DOMINATION 05の2本ですが、総合的な満足度ではこれが1番でした。"Love Of My Life"で思わず目頭が熱くなりました。

BEST PRODUCER : Devin Townsend
この人はDARKEST HOURの新作での仕事ぶりに敬意を表して。バンドのポテンシャルを最大限引き出す手腕がSOILWORKに続いて発揮されました。

The_Mars_Volta_-_Frances_The_Mute-300x300.jpg
BEST ALBUM COVER : THE MARS VOLTA – FRANCES THE MUTE
いつもジャケット部門ではいかにもメタルなものは避け、アーティスティックなものを選ぶようにしていますが、その中ではやはりこれでしょうか。音の混乱ぶりを的確に表したようなヒプノシスのセンスには毎度感服。

qprdvd.jpg
BEST DVD : QUEEN + PAUL RODGERS - RETURN OF THE CHAMPIONS
ベスト・ライヴ部門で選んだのだから、DVD部門も当然これ。他にはTHIN LIZZY「GREATEST HITS DVD」も良かったです。

queenopera2.jpg
BEST REISSUE : QUEEN – A NIGHT AT THE OPERA
何度も再発が繰り返された今作ですが、ボーナスDVDが追加された今再発がまさに決定版でしょう。これまでDVDオーディオでしか聴けなかった5.1chサラウンドが通常のDVDプレイヤーで聴けるようになったのは大きいですね。

BEST THING ABOUT 2005 : iTunes Music Store Japanオープン
今年はこれを置いて他にないでしょう。まさに皆が待ち望んだ待望の日本版開始。Sony BMGWarnerという2大メジャーの不参加、アーティストによって差がありすぎるバック・カタログの品揃え、全世界に影響を与えた統一価格の崩壊など、問題点も数多く浮き彫りになりましたが、それらを補って余りあるほどの楽しさを提供してくれました。

WORST ARTIST : 浜崎あゆみ
これもS.O.A.D.同様に言わずもがなでの選出。これらの音楽、歌詞やPVを何もせず放置し、メディアがこぞって持て囃して延命させるというのは…。次点は再結成が流行った途端に現メンバーを切り捨て、臆面もなく全盛期のラインナップに戻ったANTHRAXでしょうか。

na3rd.jpg
WORST ALBUM : NUCLEAR ASSAULT – THIRD WORLD GENOCIDE
これとFEAR FACTORY「TRANSGRESSION」のどちらにしようか迷いましたが、曲の圧倒的なつまらなさ、緊迫感のカケラもない演奏、チープなプロダクションの3拍子揃った今作に決定。いったい何のために再結成したんだ。

WORST THING ABOUT 2005 : SENTENCED解散
解散自体はべつに非難されるべきことではありませんが、ここではこんな素晴らしいバンドを1度も日本に呼ぶことなく解散させてしまった日本のメディアとレコード会社(ビクター)のやる気の無さに遺憾の意を表して。悔しいとしか言いようがありませんね。
昨年の総括エントリーの中でトピックとして取り上げたメタルコア。あれから1年後の今、メタルコアはどうなったのでしょうか。僕は昨年、

今後メタルコアが一過性のブームで終わってしまうかどうかは、当のバンドたちが今後進む方向性にかかっているでしょう。よりメタル魂全開の道を行くのか、よりキャッチーな路線へ進むのか、2005年も引き続きフォローする価値はあるでしょう。


と書きましたが、今年メタルコアにカテゴライズされたバンドの中で傑出した存在感を示したのは、よりメタル色を前面に押し出したバンド達でした。

それはともかく、今年の日本におけるメタルコアの嫌われ方には凄まじいものがあり、とにかく早くこの流れを終わらせたがっている節が感じられました。確かに、ブームに乗って出てきただけの没個性なつまらないバンドが増えたのは事実ですが、その中で一緒くたにされて葬り去られてはいけないバンド、アルバムがあったのもまた事実です。音楽的にはメロディック・デスとさほど大差ないのに、ハードコアの息がかかっているというだけですべてを否定するのならば、かつてのスラッシュ・メタルだって否定されるべきだろう?俺達はそんなカテゴリーに囚われることなく、とにかくエキサイティングでクールな音楽を聴きたいだけなんだよ!今の日本のメディアの現状に対してそう叫ばずにはいられなくなることが多かったこの1年でした。、

(2005年・メタルコア重要アルバム5作品)

aild1.jpg

AS I LAY DYING – SHADOWS ARE SECURITY
今年Metal Bladeが最もプッシュしたバンド。速さに頼ることなくしっかりと練り上げられた、中期IN FLAMESを彷彿させる楽曲群にはやや堅実すぎるきらいもありましたが、バンドの自信がそのまま音に表れていたのは確かです。

a7x.jpg

AVENGED SEVENFOLD – CITY OF EVIL
メジャー・デビュー作にして大胆な路線変更を敢行した話題作。メロディック・スピード・メタルからゴシックまで貪欲に取り込んだ、もはやハードコアの面影を殆ど感じさせないこのアルバムが全米チャートに入ったのは奇跡でしょう。これが何故日本発売されないのか、全くもって理解できません。

dh1.jpg

DARKEST HOUR – UNDOING RUIN
メタルコアという言葉が生まれる前から北欧メロディック・デスへの傾倒を深めていたバンドがデヴィン・タウンゼンドのプロデュースにより大化け。コンパクトにまとまった曲の中に必殺のギター・ワークを一気にブチ込んだ問答無用の傑作。

godforbid4.jpg

GOD FORBID – Ⅳ:CONSTITUTION OF TREASON
前作でメタルコア化したGOD FORBIDがその路線を深化させたタイトル通りの4作目。ドラマティックな展開と構築美に溢れたソロという持ち味をいかんなく発揮していますが、今後これぞ、というキラー・チューンを作れればもっと飛躍するはず。

triviun.jpg

TRIVIUM – ASCENDANCY
こちらは今年Roadrunnerがリーダーのマット・ヒーフィー(Vo,G)をROADRUNNER UNITEDのキャプテンの1人に指名するほど最もプッシュしたバンド。逸早く自らメタルコアを否定したことで日本での評価が高まったバンドでもあります。そのヒーフィーの作曲センスもさることながら、ヴォーカリストとしての力量もかなりのものでした。
2005年、メタルが最も熱かった国といえばフィンランドをおいて他にないでしょう。自国のデス・メタルやブラック・メタルがナショナル・チャートの上位にエントリーしてしまうあり得なさや、今年ヘルシンキで開催された世界陸上の開会式でAPOCALYPTICANIGHTWISHが演奏したり、日本でもフィンランド大使館主催によるパッケージ・ライヴ(THE 69 EYESTWILIGHTNINGKIUASTO/DIE/FORが出演)が行われたりするなど、フィンランドという国自体がメタルが流行っていることを誇りにしているかのようです。

そんなフィンランドの風土を反映した、フィンランドでしか生まれ得ないメタルとして今年日本でも注目を集めだしたのがゴシック/メランコリック・メタルです。それまで暗い、ライヴでノレないといった理由から日本人受けが極めて悪いジャンルの代表とされてきたゴシックですが、日本人好みの叙情メロディを前面に押し出したバンドが増えた結果、今年になって漸く日本でも正当な評価を得られるようになりました。

(2005年、フィンランド・ゴシック/メランコリック・メタル重要アルバム5作品)
funeral_album_p.jpg

SENTENCED – THE FUNERAL ALBUM
このジャンルのパイオニアにして孤高の存在であり続けたSENTENCEDが己の美学を貫いて解散したその去り際は実に悲しくも美しいものでした。しかし解散が決まってから正当に評価されたというのは僕にとっては本当に腹立たしいですね。メディアやレコード会社は今までいったい何をやってきたんだ。

charon.jpg

CHARON – SONGS FOR THE SINNERS
以前ヴォーカルがヴィレ・ライヒアラのPOISONBLACKに参加していた中堅バンド。ダンディズムに溢れたヴォーカルと硬派なサウンドはまさにSENTENCEDの後継者と呼ぶにふさわしい存在です。2006年3月に日本発売予定。

him-darklight05.jpg

HIM – DARK LIGHT
今まで「ゴシックは日本で受けない」という偏見に最も泣かされてきたバンド。今年遂に遅すぎる日本デビューを果たしましたが、もはやゴシック・メタルというよりは大人のハード・ロックといった趣。ワーナーから日本デビューしてからBMG時代の作品を日本発売するBMGファンハウス、お前らは今までいったい何をやってきたんだ。

tdfiv.gif

TO/DIE/FOR - Ⅳ
’80年代ポップスの影響を色濃く感じさせる歌メロとヘヴィなサウンドの融合、そしてナルシズム全開のヴォーカルが生み出す唯一無二の個性は大幅なメンバー・チェンジを経た今作でも当然健在。

rasmus

THE RASMUS – HIDE FROM THE SUN
前作で世界的にブレイクしたTHE RASMUSがその叙情センスをサウンド全体に押し広げたメジャー感に溢れた力作。その変わりようはかつて「ゴーストバスターズ」のテーマ曲をカヴァーしていたことが信じられないほど。

いよいよ2005年も残り10日を切ったということで、当blogでもこの1年を振り返るエントリーを順次ポストしていきます。

今年はロックンロール生誕50周年ということで、往年のクラシック・ロックにスポットが当たった1年でした。その中で60~70年代ロックにハマった世代をターゲットにしたロック雑誌が続々創刊され、失われつつあったロックへの興味を蘇らせるきっかけとなりました。こうして“オヤジ・ロック”という流れが形成されたことになります。そして当のアーティスト側もその流れに呼応するかのように続々再結成して新譜をリリースし、この1年を盛り上げたのは言うまでもありません。

(2005年オヤジ・ロック重要アルバム5作品)

aerojoint.jpg

AEROSMITH - ROCKIN' THE JOINT
長期にわたる予定だった活動休止をあっさりと終了し、AEROSMITHは再びステージへと戻ってきました。といっても今作は活動休止前のクラブ・ギグを収めたライヴ盤ですが、来るべきオリジナルの新作に向けて本気モードに突入したことは確かでしょう。

creamlive.jpg

CREAM - ROYAL ALBERT HALL LONDON MAY 2-3-5-6 2005
4日間限定の再結成ライヴを収めたライヴ盤。往年の緊迫感とは程遠いリラックスした雰囲気を感じさせつつも、その分年季の入った深みのある味わいが印象深い、ある意味もっともオヤジ・ロックらしいといえる1枚です。

pm.jpg

PAUL McCARTNEY – CHAOS AND CREATION IN THE BACKYARD
ほぼ総ての楽器を自ら演奏し、パーソナルな色合いを強めたことによって、ポールらしいポップ・センス溢れる楽曲の本来の良さを十二分に引き出した力作。それだけに、日本盤のCCCD化が本当に悔やまれます。ホントに凍死場EMIっていう会社は何をやってるんだ。僕は当然US盤で購入しました。

qp

QUEEN + PAUL RODGERS - RETURN OF THE CHAMPIONS
フレディ・マーキュリー不在という最重要課題をブリティッシュ・ロック界最高のヴォーカリストを擁して強行突破した20年ぶりのツアーを収めたライヴ盤。各人ともパフォーマーとしては依然現役であることを証明したという点でも意義ある1枚。日本公演も最高でした。

stones.jpg

THE ROLLING STONES - A BIGGER BANG
現在新譜をリリースすること自体がニュースとなる稀有なバンドの7年ぶりの新作ですが、それもCCCD化で興醒めになってしまった感が…。内容は依然として現役感を漂わせるものだっただけに、本当に惜しいですね。STONESは他にも廃盤コンピレーションの再発やレア・トラック集のリリースなど、この1年本当に盛り上がりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。